TOP>PARIS DIARY>「オシャレ」私のつぶやき、、、、

「オシャレ」私のつぶやき、、、、

「オシャレ」私のつぶやき、、、、

2010年1月11日 04:42  posted by quelle chance

ロンドンの街を歩いていると、一目で日本人を判別できます。

最近は中国、韓国の人々もとってもオシャレ。特に韓国の方は日本人よりオシャレと感じます。

日本人はどうしてこんなにブランドが好きなのでしょうか、、、、??

皆 巻き髪を風になびかせ、誇らしげにエルメスのバーキンを学生かばんの様に抱え、シャネルを制服のごとく身に包み、ブルガリ、カルティエ、ヴァンクリフ、、、、仕上げにデビ婦人真っ青のドデカイ宝石で完成。

Oh NO!!!!! まさにブランド博物館!!胸焼けしてきました。

先日イギリスを代表するデザイナー「ルル ギネス」嬢も雑誌の記事で語っておられました。

「ちょっと前まで日本人って皆、制服を着てるかのように同じファッションで不思議に感じたわ」と、 その言葉に「うんうん!!本当にそうだ!!ルル様!日本の女子に一発渇を入れてやって下さい

~!」思わず心で叫んでしまいました。

ブランドでご自分の財力をアピールしたいのでしょうか?それとも、皆と同じスタイルの方が安心するのか?? 私には未だ疑問。未知の世界です。

持っていらっしゃる物ひとつひとつは素敵なのに、、、、もったいない、、、。

ヘアスタイル、コーディネートに問題があるのでしょうか。皆同じに見え個性が無く、度を越すとただのケバイ人。ブランドを身につけていても全くステキに感じないんですよ。

本当に制服に学生かばん状態、歩くブランド博物館。

前回登場して頂いた、コーディネーターの坂田さん。彼女はハイブランドを上手に嫌味なく、本当にステキにコーディーネートしていらっしゃいます。

「えっ?そのジャケット、エルメスだったんですね!どうりで綺麗なラインだと思った!!」そんな感じ

で、これ見よがしじゃないんですよね~。本当に自然。ナチュラル!!

彼女をはじめ、私の仕事仲間達は本当に自分をよく理解していて皆自分流!思わずステキ!!と私に感動を与えてくれます。(これからも素敵な人々をご紹介していきますね!)

2010年!そろそろブランドという名の洗脳から解き放たれ、自分流のファッションに目覚めて欲しい!

異国の地からそう願うのでありました、、、、、。フフッ。これはすべて私の独り言!!

私は写真のスミレの様に可憐で、小さいながらも気品と存在感のある、、、、そんな人になりたいな。

 

 

 


Recent Entry

Archives

2016
 

Search

PRESS

Mar. eclat