TOP>PARIS DIARY>イヴ.サンローラン モードの革命

イヴ.サンローラン モードの革命

イヴ.サンローラン モードの革命

2011年6月18日 22:48  posted by quelle chance

雨の金曜日。

本日はパリ16区旧YSL本社、現財団で、イヴサンローラン  リヴゴーシュ・モードの革命(La revolution de la mode)を見てきました。

昨年プティパレにてYSL展を行った時とは違いこじんまりとした空間。

ここは彼が最初に開いたリヴゴーシュ(左岸)のブテックを再現したそうで、彼の初期のプレタポルテコレクションが並べられていました。

もうご存知かと思いますが、彼は世の中で一番にこのプレタポルテを発表したデザイナー。

オートクチュールでは高価すぎる、オリジナルでかつ価格を抑えた服を多くの女性に着て欲しいと思った彼がこのプレタポルテをあみ出したのです。
そしてパリ6区 リヴゴーシュ(セーヌの左岸)にブティックをオープンさせたのです。
彼のお陰でリーズナブルな価格でスタイリッシュな服を着る喜びを感じる事が出来るようになったのですね。

まあ、そのコレクションといったら、、、、も~~~のどから手が出るほど欲しいものばかり!!!
可愛らしい柄、A-ラインのワンピース!手の込んだ刺繍!!!まさに昼顔の世界でした。
そしてスモーキングコレクションのカッコよさ!!やっぱり彼のジャケットは最高に美しくてセクシーです。 もちろんサファリルックもありました。
色彩は、ショッキングピンク、紫、グリーン、赤、オレンジetc,,,,,!!ハレーションを起こしそうなこの色彩は前記にも書きました、マラケッシュの別荘の色彩を思い起こさせます。

ここがブティックだったらすぐさま完売するだろう、、、と思う位素敵な品々ばかりでしたよ。

彼はやっぱり天才ですね!そして素晴らしいピエールベルジェというパートナーにも恵まれ、
とても運が良かった!!!と、私は思います。いくら才能があっても、日の目を浴びない芸術家達が沢山この世にはいますから。

ああ~~私もピエールベルジェの様なパートナーが欲しい!!(その前に才能を磨け!)
サンテクジュ.ペリが言っている事で好きな言葉があります。「愛する事はお互いを見つめることでなく、ひとつのゴールを見ること」=ピエール.ベルジェ

天才もこのベルジェの様な大きな愛があったからこそ、(勿論苦悩もあったでしょう)良い作品が生み出せたのではないかと、思ったパリの雨の昼下がりでした。














Recent Entry

Archives

2016
 

Search

PRESS

Mar. eclat