TOP>PARIS DIARY>海外生活③

海外生活③

海外生活③

2011年9月14日 21:58  posted by quelle chance

海外生活シリーズ、意外にも「早く続き書いて~」との有難いお言葉頂き、書かせて頂きますね。

その前に、本当に沢山の方にこのダイアリーを読んで頂き、心から感謝申し上げます。

私なんて、文才ないし、誤字脱字だらけ、文法さえ怪しいこの頃、こんな私のダイアリーにお付き合い頂き、「同感だ!、頑張って!、励まされた!、参考になった!」などなど、沢山の有難いお言葉を頂戴し、むしろ逆に、こんな私でも人の力になれた!と思うと有難さと感謝で一杯になるのであります。
そして、とにかく皆様の励ましのお言葉が私の毎日の心の支えであります。

皆様!心温まるお言葉ありがとうございます。感謝です。

さて、人様から見れば、パリ、ロンドン生活~優雅で良いわね~~!なんて思われている事が多いのですが、私は女一人+年頃の娘一人(しかも彼女はイギリス暮らし)の男手の無い生活でして、、、駐在の奥様達の様に、会社や頼れるご主人様に守られた生活とは 訳が違いますので、毎日がサバイバルです。

前回のダイアリーにも書きましたが、「言葉の壁」これをいかに乗り越えるかが海外生活を楽しくもするし、苦しくもするのです。
まあ、自分との戦いですね。
40歳過ぎてからの海外生活、子供の世話、仕事もしながらじゃ~なかなかこれが、脳の老化も手伝って語学が上達しないんですよ~。
まあ、最近じゃ~私って馬鹿なのかな?とさえ思いますね。

まあ、そこが一番自分を苦しめてる訳です。

日本でならば、何でも卒なくスマートにこなせる。そりゃ~人生44年積み上げた大人ですもの。
気の利いた冗談の一つや二つでその場を盛り上げる事だって出来ますとも~。
バブル時代をギンギンに駆け抜けて来た私ですもの、美味しいお店だってそれなりに知ってますわよ!エスコートだって上手にできますとも。

でも、、、でも、、、、今の私、何なのさ!
この年齢で、失敗の連続、恥のかきっ放し、時ニャ~言葉が話せない=馬鹿扱いされるわで、、、、
「おんどりゃ~!なめとったらあかんでぇ~!」と思ってみても、ここはフランス、、、、英語でもなく、
ドイツ語でもなく、もちろん日本語でもなく、ここでは「フランス語」を話さなくては意味がないのです。
もう~毎日が「初めてのおつかい」状態。子供ですよ子供。おつかいさえもドキドキハラハラ、、、
最近じゃ~昔と違い、ハイテク化が進み、機械に弱い私ゃ~二重苦ですわ。
切手すら、どうやって買うんじゃ~ぃ!この機械壊れてますけどぉ~!!(←使い方分からないだけ)

これ、本当にただの言い訳に過ぎず、聞き流して頂きたいのですが、、、、たまに親切に英語で話しかけて下さるんですよ。でもこれがまたまた、フランス語訛りがきつくって、、、、申し訳ないのですが、余計に聞き取れない訳です。むしろ、そのまま、、、フランス語でお願いします~って感じで、、、
まあ、英語のレベルも低い私が大きい事言えませんが、イギリスに入国したとたん、よっしゃ~~!
とちょっと言葉の問題から開放される私です。

フランスに8年住む美しい友人Junkoさんからも、「まともに戦っちゃダメ、私、日本人なんですよ~、日本いい所なんですよ~、パリも素敵な所ですよね~フフッ、、、くらいのライトな感覚で過ごさないと、死にますよここでは。」 と、目からウロコのアドバイスをもらって、肩の荷がす~っとおりた感じ。
やっぱり、海外では友達の大切さ、身に染みます。

そうです。まともに戦っちゃ~ダメ、そりゃ~負けますよ。
だから、自分が日本人であることを忘れない。フランス人になろうとしない。
恥かき、汗かき、亀の歩みで、のんびり生きましょう!コツコツ頑張る。焦らない。

これから海外生活をされる皆様、時に悲しく、辛く、寂しい時もあるでしょう。もちろん楽しいことも山盛りあります。自分を見失わず、清く正しい日本人でありましょう~!

引き続き、、、、パリに住む変な日本人をご一読ください。
















Recent Entry

Archives

2016
 

Search

PRESS

Mar. eclat