TOP>PARIS DIARY>自分流

自分流

自分流

2012年1月14日 03:12  posted by quelle chance

前回ご紹介しました、ガレットデロワ、まだまだ飽きずに食べ続けております。それぞれのお店によって、中のアーモンドクリームの味が違い、また何より中のフェーブが楽しめてワクワクするのです!
子供の頃のキャラメルのオマケ感覚です~。
今回は主に南フランスで食べられているらしい、ブリオッシュデロワを購入してみました!
ブリオッシュ生地の中に、フルーツの砂糖漬けが入っています。何とも可愛らしい色合い!私はこのタイプを今回初めていただきました!お味の方は?うん~!美味しい~~~!!バターと卵をたっぷり練りこんだブリオッシュにほんのり甘いフルーツの砂糖漬けがとっても合う!!!マリーアントワネットがお気に入りだった、クグロフ(アルザス地方のもの)に近いお味です。
私は残念ながらフランスを代表するショコラ、クリーム、マカロン、Aのモンブランなどなど、甘すぎて苦手なのですが、とは言えやっぱり甘いものは好きですから、こうして自分好みのお菓子を探す事は私にとっては楽しい宝探しゲームの様な感覚です!
このガレットデロワ、もちろん有名店からご近所のパン屋さんまで、さまざまな種類があります。
私はもうすでに、5つのガレットデロワを食べましたが、どんな有名店よりも、我が家のすぐお隣の名も無い小さなパン屋のモノが一番美味しかった!!焼きたてのあつあつでサクサク!幸せそのもの!!
ガレットデロワひとつでも言える事ですが、ブランドに騙されない! どこどこのなになに(要するに雑誌に出てるから、マスコミで騒がれてるから、有名だから) だから美味しい、素敵!と感じる事を日本人もそろそろ卒業するべきだと思います。
テーブルに並べられた、それぞれのお菓子、目隠しをして何の情報もないまま食べてみて下さい。
意外と名も無い普通のパン屋さんのものが一番おいしかったりするものです。ワインもそうだと思います。別にガタガタうんちく言ってないで、美味しけりゃ良いじゃん!と思うのですよ。
お前~本当に味分かってんのかよ?←すみませんべらんめぇ~で(笑)って心で密かに思ってしまうんですよね、、、、。
味覚だけでなく、ファッションもそう。先日東京に帰ったときにビックリしました。何がって、一昔前はルイヴィトン、そしてエルメスのバーキンやらエルメス製品が、まるで学生カバンの様に持たれていたのに、今度はセリーヌですか、、、、、
もう~本当にゲップが出ちゃいそうでした。
何なんですか?皆一緒にお揃いね!ってなブランド志向は?????そろそろ自分のスタイル見つけましょう。
私、別にブランドが悪いと言いたいのではないのです。
やっぱり、一流と言われる物はそれだけの価値があり素晴らしいと思います。
ですが、そのブランドがいかに自分流に馴染んでいるか、自分流に着こなせているかが、重要だと思うのです。最近よく見かけるパターンが、安っぽい服、汚れてかかとの磨り減ったヒールにBAGだけが、どうだ~~どうなんだよ~!と主張するエルメス、、、、。いい物を持つならば、それなりの身だしなみとセンスを身につけなければ意味がありません。まさに宝の持ち腐れ。
そして、もうひとつ、これでもかこれでもか~!と、隙の無いバリバリに頭から足元までキメキメなファッション。これまた滑稽なものです。ファッションブランド当てクイズですか?と思うほど隙間無く埋めつくされたさまざまなブランド達、、、。どうぞ、、、どうぞお願いですから肩の力お抜きになって、、、、
どちらかのファッション雑誌に影響されたコーディネートなのでしょうが、それ、あなたには全くお似合いじゃございませんわよ、、、、と東京の街でひとり心で叫んでおりました。
ブリオッシュデロワから~ファッションまで話は飛んでしまいましたが、私が何を言いたいか、それは、
決して、雑誌やテレビやドン小西が言う事が全て正しい訳じゃない。そして高価なものを身につけたからって、それであなたの価値が上がる訳でもない。全てのバランスが整わなくては意味が無いのです。
味覚もファッションも自分で見抜く力を見につけ、自分らしさを見つけましょう。そして一番大切なのは品。上品である事。
春に向けて、素敵な本物の魅力ある女性を目指しましょう!









Recent Entry

Archives

2016
 

Search

PRESS

Mar. eclat