TOP>PARIS DIARY>If there is NO MUSIC,NO LIFE will be.

If there is NO MUSIC,NO LIFE will be.

If there is NO MUSIC,NO LIFE will be.

2012年7月29日 19:02  posted by quelle chance

2012年ロンドンオリンピック!!
映画監督であるダニーボイルが美術監督、アンダーワールドが音楽を努めた開会式!!さすが!音楽大国イギリスならでわの演出素晴らしかったですね。

007と登場するクイーン!こんなシャレの効いた演出に登場しちゃうクイーン!!!こんな人だから国民に愛されるのでしょうね。
炎のランナーを演奏するMrビーン、子供達の悪夢に出てくる悪者をやっつける大勢のメリーポピンズ!!
大切なイギリスの歴史も描かれていましたね。そうです、イギリスは鉄鋼造船製造業 炭鉱を潰して多くの失業者を出しました。その頃のクイーンは相当憎まれていた様です。
戦死者追悼の象徴である赤いポピーの花もさりげなくありましたね。
そんな暗い暗い不景気の波をかき分け英国はよくぞこんなに美しく生まれ変わった!!!とこの映像にも感動しました。

イギリスと言えばやっぱり音楽を切り離す事は出来ないでしょう。
アンダーワールドのカールハイドが「僕達はこの開会式に関して、映像だけでなく音楽が人々の記憶に残るようにしたいと思っている」とコメントしていました。

そのコメントの通り、懐かしいUKを代表する音楽の数々に胸が熱くなりました。

The Who,SEX pistols,The Clash,The Jam,Eurythmics,David Bowie,Blur etc........

もうまさに私の青春の集大成と言いましょうか、イギリスバンザイ!!GOD SAVE THE QUEEN!!!
と歓声を上げてしまいました!!

こうして数々の音楽を聞いていると、まさに私の人生はUK音楽と共にある!と実感しました。
時には悲しみを癒し、時には希望と勇気を与えてくれる、、、、
音楽は人生に無くてはならない重要なスパイスだと思います。

私は日本人ですが、英国は自分の第二の故郷とも言える土地です。

こんなに愛して止まないのに今は残念ながら英国に住めない私(英国のビザを取得するのは非常に難しいのです)ですが、娘がイギリスに住んでいるお陰で、度々訪れる英国。
パリとロンドンこんなに近いのに、風が違うのです。
イギリスの風に吹かれていると、ああ、私はここに帰ってきたんだ、、、と懐かしい感覚に陥ります。
ふと訪れた初めての土地に懐かしさを感じたりする事がありませんか?
この懐かしさがまさに、前世の思い出なのでしょうか。

音楽も同じく、なぜかこのメロディが好きだ!とか懐かしい!と感じたり、、、人間の心の中には生まれつき自分の音楽を持っていて、その音楽を常に捜し求めているのでしょうか。

いずれにしても、音楽って素晴らしい!そして、やっぱりイギリスが大好きだ!!!と思い起こさせてくれたロンドンオリンピック。
これからも大好きな音楽と共に、人生を謳歌いたしましょう!!夢に向かって!!!

*画像は私の青春の1ページ!大好きだったTHE JAM!!!!!











Recent Entry

Archives

2016
 

Search

PRESS

Mar. eclat