TOP>PARIS DIARY>Melody から見えるイギリスの階級社会

Melody から見えるイギリスの階級社会

Melody から見えるイギリスの階級社会

2013年3月17日 10:05  posted by quelle chance

小さな恋のメロディと言えば、私と同じ年代の人々は様々な思いがあるのではないでしょうか?

マークレスター、トレイシー.ハイド、ジャク.ワイルド!(私はジャックファンでした!)

音楽はビージーズ!Melody fair、In the Morning、First of May etc...さまざまなシーンと共に美

しいメロディまでもが浮かんできます。

このメロディ(邦題:小さな恋のメロディ)は1971年に公開されたイギリス映画で、本国とアメリカでは泣かず飛ばずで、日本で大ヒットした作品です。

70年代の日本にはイギリスの西洋のスタイルが新鮮に写り、主人公のピュアな感覚が日本人の持

つ感覚とバッチリとマッチしたのでしょうね。

私は中学生の時に映画館でこの映画を初めて見ました。やはり相当な衝撃を受け、子供心にメロディ

(トレイシー)やマークレスターの可愛らしさに釘付けでした。特にメロディが金魚を池で遊ばせるシーン!にメロディフェアの音楽が流れ、、、はそれはそれは可愛らしいシーンで鮮明に心に焼きつきました。

また何と言ってもイギリス独特のギンガムチェックにブレザーという制服の可愛らしさにも刺激を受けました。

さて、この映画を大人になって、特に英国に住んでから見てみると、若かりし頃とはまた違った角度のものが沢山見えてきました。

この映画には70年代の英国の階級社会が非常に色濃く描かれています。また、1970年代のイギリスは不況に悩み失業者も多く、あまり明るい時代ではなかったのだろうと映画から伝わります。

そして、やっぱり英国と言うのは「階級社会」なのだな、、、と再認識させられます。

様々な階級がありますが、この映画はダニエルがLower Middle Class(下位中流階級)でこの映画の中では一番裕福な家庭環境です。

メロディとトム(ジャック.ワイルド)においては、労働者階級。特にトムの家庭は相当貧しい様子です。映画の中でもそれを思わせるシーンが出てきましたね。何だかちょっと胸が熱くなります。

メロディーの家にダニエルが招かれた際にお茶を振舞われるシーンがあります。

ティー文化のあるイギリスはその家庭の階級によりティータイムのしきたりもそれぞれ違う様です。

ティーと共に、ハムやサーディンを食していたメロディ家はやはり労働者階級だと言う事がこの食生活からも分かるそうです。

「お父さんが仮釈放で帰って来たわよ」と言っておりますので、お父さんは相当の暴れん坊なのだろう
なと想像できました。(笑)

この映画は皆が通う学校をハマースミスで撮影したそうです。(サウスケンジントンより少し西側)

そしてテムズ川、ダブルデッカー、オースティンのタクシー(懐かしい!)などロンドンらしい光景も沢山

見られます。

そして、イギリスには欠かすことの出来ないパブもこの時代は中、上流階級用と労働者階級用の二

つに入り口が分けられていたそうです。絶対に交わる事は出来ないようになっていたそう。

また、イギリス映画「リトルダンサー」でも中流、労働者階級の距離が描かれています。

私は娘がロンドン郊外のパブリックスクールに通っているので、イギリスの階級社会の厳しさ、嫌らし

さを身を持って体験しています。

アジア人というのはどんなに資産家であろうとも(私は一般庶民ですよ)いくら日本文化が素晴らしか

ろうと、彼らにとっては階級が下の人なのです。眼中にさえ入れてもらえないと言っても良いかも知れ

ません。教育現場に関わると非常にそれを敏感に肌で感じます。

ここには決して越える事の出来ない高い壁があるのが英国の階級社会の難しさです。

まぁ、仕方がありませんね私は日本人。それはどうひっくり返そうと変えられませんから。

海外生活をする様になってからは、ここは母国で無いゆえ島国日本に居る時の様なヌクヌクした生活

は出来ません。毎日が戦いといっても過言ではありません。

しかし、そんな体験を自らがする事により、メロディとダニエルの純心無垢な心が貴重に思えてならないのです。

「ただ幸福になりたいだけ。それの何がいけないの?」そんなメロディの台詞があったと記憶していま

す。 階級や家柄や人種etc....そんな事どうでも良いじゃない!私はそう思います。

そういう純心無垢な気持ちを持っている人って、階級社会とは無縁の日本でさえ少なくなっているの

ではないでしょうか?人間性でなく、周りに固められた肩書き、学歴、収入そんなもので人間の価値

を決めてはいないでしょうか?

心と心のつながりをもっともっと大切にしたいな~とつくづく感じるこの頃です。

何の濁りも無い澄んだ心というものはどんな高価なダイヤモンドより美しく貴重なものだと改めて

感じさせられます。

この機会にどうぞ小さな恋のメロディを無垢な心でご覧になって見て下さい。心が洗われますよ。

忘れかけていた大切な何かを教えられた気がします。




























Recent Entry

Archives

2016
 

Search

PRESS

Mar. eclat