TOP>PARIS DIARY>Lift up your hands!!!

Lift up your hands!!!

Lift up your hands!!!

2016年5月 1日 19:32  posted by quelle chance

ゆらゆらと。。。。小さな船に乗り行き先も分からぬまま進んでいる感じの今日この頃。

大きな荒波にのまれたり、氷山にぶつかりながらも、それでもしぶとく潜伏することなく航海を続けておりました。

最近痛みが続いております。

ズキズキズキと。こうなると、気分は不安そして絶望的になるのです。

癌の痛みもさることながら心が痛みます。

元々がタフな私。思うように身体が動かないことはまさに地獄。負けてたまるか!まだまだやれるだろ?自分に鞭をうちます。出来ない自分を責めてしまう。。。

実は私の様に新しいものを生み出す仕事というのはやっぱりハッピーでウキウキ気分にならなければ

良いものなど生まれるはずも無く。。。私って才能ないよな~なんて近頃思ってしまいます。

渋谷に200平米のマンションを購入し、自分の思うようにリフォームし、そこを拠点に活動したのは2001年。

作品を作れば作るだけ売れる、TVや雑誌にも沢山紹介頂いた。

更に上を目指し2009年にはイギリスへ2011年にはパリへと進出した。

まさに順風満帆な日々でした。

2014年、表参道に念願の物件を借り、さあ!これからだ!という時に乳がん告知、しかも既に肺へ転移しているという。。。まさかの最終ステージ宣告。

それでも私は走り続けた。前だけを向いて前進してきた。

しかし、乳がんの治療の副作用は、時に私には辛すぎる。

ろくに仕事もできぬ状態のため、20数社あった取引先は今や数社となり、つい先日は、8年お付き合いして頂いていたジュエリー工場からも、「こんな少数では作れない」と、まさかの製作打ち切り宣言。

今までこの工場には多いときで年間数千万円近くのオーダーもした事があった。
金の切れ目が縁の切れ目とはまさにこれかと痛感。

私の気持ちをぶちまけるなら、こんな時だからこそ助けて欲しかった。
しかし、ビジネスにそんな甘えは通用する訳も無く。。。

医療費、生活費、娘の学費。。。お金は羽を生やして飛んでいく。

お気に入りの家を売却した。そのお金で何とかやりくり。。。

スタイリッシュで広い部屋から、センスの欠片も無いフツーのマンションへ引越し。その時点で何ともやるせない気持ちで一杯だった。もがき苦しんだ。
(住む家がある事を感謝すべきなんて事は百も承知だ)

パリに住む私には沢山の人々が近づいてきた。でも、今や彼女らは蜘蛛の子を散らすように去っていった。

私の小さなプライドはズタズタだ。

癌であることなど大した事ではない。こんな世知辛い世の中に、そして現金な人々にほとほと疲れた。

じゃあいっその事全部手放しちゃえ!!

私なんてケツのアナの小さな女なんですよ。色んな事に執着してた。

こうあるべき、こういうレベルをキープしたい、そんなもんを洗いざらい手放しちゃえ!!!

大波にさらわれ船は転覆し、浮き輪に乗ってゆらゆらしてみたら、意外にもそれは心地よかった。

風にふかれ着の身着のまま。。。窮屈なハイヒールを脱ぎ捨て裸足で駆け回る自由。

そんな私を好きだと言ってくれ、励ましてくれ、それにとどまらず、船を降り一緒に浮き輪ででゆらゆら揺られる事を楽しんでくれる愛すべき友人、そして家族。
私はあなた達が居てくれて本当に幸せだ。出会えた事を心から嬉しく思います。

ありがとう。ありがとう!!心から感謝です。

死を目の前にぶら下げられ生きていると、もうお金とか見栄とか高価なバッグや宝石とかど~うでも良くなるんですよ。

快適な環境、好きな人との語らいそして時間の共有。
太陽を燦々と浴び、美しい花や風景、小鳥のさえずりに感動するetc.....
そんなものが本物の宝物に思えてきます。

私の大好きな映画「Hedwig and the angry inch」という映画があります。上記の鳥のさえずりなどとはほど遠い映画ですが、繊細な主人公の心、怒り、希望そんな姿が今の私とダブります。

ラストシーンは全てを脱ぎ捨て、手放し裸で街を前進するシーンで終わるのですが、そのラストに流れる「Midnight radio」という曲が本当に素晴らしい。

うまく貼りつけられなかったので、Yutubeで検索して聞いてみて下さいね。


和訳を載せておきます。

「Midnight radio」

土砂降りの雨。
燃やしてく、夢を歌を
心を満たす。そして突然に奪われる。

呼吸する、感じる、愛する、与える、解放する。魂をさぐって、生まれ持った血が行く先を示すように。
心から頭まで自分は1つだと知るの。自分に何かが欠けているわけじゃないって事を。

あなたは輝いてる。まるで夜空のお星様の様。
45rpmのレコード盤を回転させ深夜ラジオ放送の電波の様に人々に届く。
あなただけのロックンロールに合わせてバレリーナが踊ってる。

この歌を捧げる。パティに、ティナに、ヨーコに、アレサに、ノナに、ニコに、そして私に。
そして全てのへんてこロックンローラー達に。
それでいいの、正しいの。だから手をつないで、今夜は歌い続けよう。

あなたは新しいレコードをかける。すべてのはみだしもの負け犬たちのために。
そう、自分でもわかっているでしょう、あなたはロックンローラーだ。

あなた自身のロックを紡ぎだすの!
さあ、手を上げろ!!こぶしを上げて!!!!

良い歌でしょう?

今日も明日も自分らしく前進しましょう。
そして全ての乳がん治療中の皆様、私たち頑張ってるよね。辛い事もあるけど乗り切っていこう!

Lift up your hands!!!!!!

素敵な時間をお過ごし下さい。












































Recent Entry

Archives

2016
 

Search

PRESS

Mar. eclat